2022.05.09

5270T-010 Titanium

Patek Philippe has done the next trick. Titanium Ref.5270T will be on sale at the PHILLIPS charity auction in November. This is, of course, a specially made unique piece with an emerald green dial.

パテックは チタン製モデルは市販モデルでは作っておらず、過去にチャリティーオークションのためだけにワンオフのモデルをいくつか作っており、その度に高い注目を集めてきました。今回 チタン製のユニークピースを作るにあたって、そのベースをノーチラスやアクアノートではなく、人気が低迷気味だった Ref.5270 を選択した事には大きな戦略が込められてると思います。

IMG_6678Ref.5270T-010

このところアクアノートやノーチラスなどのスポーツモデルが異常な高騰を見せる一方で、かつては人気モデルだった永久カレンダークロノグラフ系(現行5270, 5970, 5004など)のモデルは非常に弱い相場が続いておりました。そこで人気復興を狙う5270でチタンモデルを作り、しかもエメラルドグリーンのスペシャル文字盤で勝負をかけてきたのでしょう。チタン製のパテックという事実だけでも 今回の5270Tは間違いなく100%高騰するので、それにつられて5270Pなどのコンプリケーション系の市場価値を高騰させようという思惑が透けて見えます。

おそらく 今回の出品の話が関係者には早くから情報が回っていた事でしょう。実際のところ、この発表に前後して 5970/5004 の落札価格は2倍近くに高騰しており、せいぜい13万ドルで売られていた普通の5970Gが、昨日のオークションでは27万CHFと2倍近くになっています。これらは出来レース的側面もありますが、好意的に解釈するなら「PATEK本体 や オークションハウス、トップディーラー達の意向(=次の流行は永久カレンダークロノ系)を受けて、マーケット全体が意向に沿って動いた」と言う感じなのでしょう。

Screenshot 2022-05-09 17.45.00Ref.5270T-010

In the watch world, things like this sometimes seem to be "finished races". It's like raising the price, or it looks like price fixing. The auction is a world where it is possible to make a successful bid on purpose (of course, there is a considerable risk because you will actually pay a large amount). However, even if there is such a movement, the market will not follow unless the watch has the ability (that is, the attractiveness of the watch as its original potential such as design and function), so if the price rises due to that kick. It would mean that "the watch was attractive". However, following the 5711Tiffany, this 5270T green. I can't deny the impression that Patek is leaning against PHILLIPS (although it can be said that it is being used).

Ref.5270と言えば、同じモデルの中で文字盤のデザインを何度も変更した経緯があるのですが、実際の今回のチタンモデルのアピアランスは 2022年の新作の Ref.5270P(1st文字盤のデザインに戻したグリーンダイアル)と同じ文字盤と針を使用して、色目を少し変えて ケースをチタンにしたモデルという感じでしょうか。今回の5270T が数億円の値段がつけば、ほとんど見た目が同じ5270P が高騰するのは自然の流れ。おそらく正規ディーラーには、11月より前に5270Pを手に入れようと考える顧客からの電話 が殺到している事でしょう。

Screenshot 2022-05-09 11.55.46Ref.5270 Dial transition (1st, 2nd, 3rd from the left): The 1st model was not popular at the beginning of the announcement, and it seems that it gradually moved toward the old model (5970 or 2499). However, when I look at it now, I get the impression that the simplicity of the 1st is outstanding.

Screenshot 2022-05-09 11.22.26Ref.5270T-010: The design is similar to the 1st dial above, but the hands and in-dial font have been changed.

Screenshot 2022-05-09 12.35.56Ref.5270P:今回のチタンモデルのデザイン的ベースとなったプラチナのカタログ・モデル。グリーンの色目はチタンモデルとは異なりますが その他デザインは同じ。

Keywords:
Patek Philippe