2021.01.29

RANGE ROVER

レンジローバー(現在で言えばVOGUE)のデザイン的特徴で、昔から有名なものはフローティング・ルーフ。これはABCピラーをブラックアウトすることで、ボディ色のルーフだけが「浮いてる」に見えるというもの。確かにそうですよね(ボディがブラックの場合や、ルーフを黒にするとダメですが)。

7ca5fcc3407adfe3495bf628734d710a

でも実はもっと重要な デザイン上の大きな大きな特徴は ガラスが上下方向(つまり縦方向)に長くて サイドビューのガラス面積が広い、という事だと思うんですよ。これがレンジローバーに見える大きなポイントなのですが、下記画像を見るとわかるように新しいモデルになるにつれ、段々とガラス面積が小さくなってきてるんです。これはおそらく「ガラスを小さくしていかないとモダンに見えない」逆に言えばガラス面積が大きいままだと、どうしても古臭く見えるのでしょう(サイドの衝突安全性の条件などもあるとは思います)。

And one more point. The roofline, which was horizontal to the ground, is also slightly lowered as it is renewed. If you look at the current model, you can see that it is really skillfully lowered the rear of the roof just a little bit so that it is not noticed. This is probably the last-minute line that doesn't destroy the atmosphere.

132411735b596d8e98ac0c482cafddef

 

これが他のモデル(Velar)になると、もうガラスはこんなに上下に薄くなってしまいます。もちろんこれでもレンジ・ファミリーには見えるんですが、やはりアウトドア的な意味合いの 所謂「レンジ感」は薄れますよね。その代わりに近未来的モダンさが得られるので、VOGUE以外のモデルはこれが正しい方向性なのでしょう。

2018-land-rover-range-rover-velar-side-view-carbuzz-494619-1

こう考えた時に、現在のモデルはのレンジローバーらしく見えるギリギリのラインを狙ってるので、問題は次のモデルがどうなるのかというところ。この最新のスクープフォトを見る限りでは、ガラス面積やルーフ形状も なんとかVOGUEらしさをキープしているシルエットには見えますね。

 

Screenshot 2021-01-29 21.09.43

The vertical length of the rear glass also gives the impression that it is kept relatively, which is an impression that can be expected. The announcement seems to be this year, but the start of production seems to be delayed due to the situation in Corona. Delivery may be after 2022.

IMG_8339

Keywords:
SUV