2021.06.03

Crypto Punks

NFT's big movement is coming to the world of contemporary art, and it is Cryptopunks that has established a Mona Lisa-like position (to be exact, Warhol). There is a strange naming of this unique pixel picture and punks, but after all, it is big that I got the position of "the oldest NFT in the world". This is an established fact that can never catch up with anyone later.

 

Screenshot 2021-06-03 14.26.53

"Crypto Punks" is an NFT work of 10,000 punk characters released by Lava Labs in 2017. 10,000 were distributed free of charge and could be received by anyone with an Ethereum (ETH) wallet at the time. The 10,000 punks represented by 24x24 pixels do not have the same face, they are all managed on the Ethereum blockchain, and now there is an owner for each punk.
10,000体 のパンクスのうち、エイリアンが9体、エイプ族が24体、ゾンビが88体 などのレアキャラが存在し、全て公式ページで確認可能。レアなパンクスは驚くほどの高値で取引されており、1体での過去最高額は4,200ETH(当時のレートで 8億2,000万円=現在レートだと約13億円)で 9体しかないエイリアンのひとつでした。先日のクリスティーズでも 9体セット(うち1がエイリアン)で17億円で落札。やはりエイリアンとエイプが高いようですね。
Screenshot 2021-06-03 16.28.54
What's interesting is the official website of LavaLrabs, which is currently owned by the owner.Punks for saleWhere you can check at any time. At the moment, the lowest price seems to be around 4.5 million yen. If you browse the site with a wallet such as Metamask installed in your browser, a purchase button will appear and you can purchase at any time with Ethereum payment. It is also possible to offer a limit price (offer the desired price) to punks that are not sold.Each punks pageIf you look at, it is natural because it is an NFT, but you can check it at any time because the history of the owner and the price at that time are all recorded on the blockchain.
Screenshot 2021-06-03 17.49.31For example, there are 259 punks wearing hoodies.
Screenshot 2021-06-03 17.54.00Zombies are rare characters with only 88 bodies.
もちろん現段階ではやはり投機的に購入している人が多い(これは全てのNFTが同じ状況です)のですが、例えば 2017年7月にエイリアンのパンクス(Punk #2890)を1万ドルで購入した投資家は、2020年に76万ドルで売却。実に3年間で75倍のリターンという訳です。かつての価値観からすれば、「こんなものが投資対象に?」という感じですが、まさにこれが今の空気感なのでしょう。事実多くのパンクスが10万ドル以上で取引されています。例えば暗号通貨に否定的な意見があったとしても、もはや流れ出した川は止められないのが、世の常。NFTも結局はある程度、行くとこまでは行くでしょうね。
もちろんこういったNFTを買ったところで、部屋に飾れる訳でもないですし 一体どう楽しめば良いのかと感じる人が現時点では大半かもしれません。ですが 従来のアートでも所有したまま倉庫にあるなら、全く同じ話ですし、今後こう言ったものを買うのが当たり前という時代がくれば、違和感はなくなるのかもしれませんね。そういった意味で言うなら、時計や従来のアート作品のようなコンディションの劣化がなく、盗まれる心配もなく(ハッキングの可能性はゼロではありませんが)、ブロックチェーン上で所有権の移転も安心というまさに暗号通貨(=Crypto)時代の新しい資産の形とも言えるのかもしれません。
それよりも、NFT が本当の意味で超一流のアートになれるか否かは、 結局のところ 所有者が「資産的な意味以外での 所有価値や満足度を得られるかどうか」と言うところでしょうね。長い歴史を勝ち抜いてきたリアルアートにはそれがありますが、NFTがそこを築いていけるかは、まさにこれからにかかってくると思います。
クリプトパンクスのような「世界最古のNFT」と言う称号があれば 購入者の 一定の満足感は担保されるでしょう。しかしそういった称号を持たない 他のNFTアートにとっては  買った人が長きにわたって満足できるのかどうか、そこのところが最後は問われるんじゃないか、と思います。
Screenshot 2021-06-03 18.06.06
Screenshot 2021-06-03 14.27.37
Keywords:
Others ( Art )