2018.12.10

丸正餃子店 本店

IMG_3134

IMG_3136

 

以前「新ばし星野」でご相伴にあずかった方に聞いた餃子店。
大阪では有名で、僭越さんもゴルフの後によく行っていたと言う。じゃあ、と夕方6時くらいに暖簾をくぐると、、、
「次は7時ね!」え?予約制?餃子しかない店で?
持ち帰りの予約もあり、要は餃子を焼く鍋のスケジュールがパツパツで結果時間制になってしまっていると言う。なのでカウンターだけの店内、席自体は空いている。凄いな。
で、せっかく来たので、と近所の居酒屋でビールを飲んで時間を潰す。
満を持してもう一度伺うと、着席と同時に餃子が二皿目の前に。焼いておいてあった、というのではなくちょうど合わせて焼き上げたようだ。これまた凄い。
で、この餃子、べらぼうに美味い。
僕はどうも関東の餃子が苦手なようだ。東京銀座の名店も皮の存在感がありすぎてあまり好きではない。餃子は薄い皮が良い。パリパリに焼き上がった小さめの餃子。個人的にはもうちょっとだけ具がしっとりしてた方が好みだけど、野菜の存在感が楽しくて最高。ビールがとまらない。
またカウンターには「たれ捨て」。まさに餃子屋の矜持。
星野の真価を理解するからこそ、この餃子も等価であるとする食への視線。なるほど。両者はHigh&Lowに見えて食に対する姿勢が等しい。そして僕にとってはさらにホンコン焼きそばも等価だったりする(笑)。

Keywords: