2018.12.09

幹東

IMG_3107

IMG_3111

IMG_3110

IMG_3112

IMG_3116

IMG_3113

IMG_3117

IMG_3119

IMG_3118

以前は緑ヶ丘にあって、その日料理できる魚を最初に見せてくれ、好みに調理してくれたりした。例えば鰯のような下魚を実に丁寧に焼き上げ最高の一皿にする。〆のご飯は土鍋。生姜ご飯が出る季節は堪らなかった。
そんな店が突然姿を消した。残念だけど、ちょっと店も混んできてあまり行けてなかったもんな、と思ってたらまた何年か前に自由が丘に現れた。これはまた通わないとと思いつつ、なかなか行けてなかった「幹東」。
この季節はやはり蟹。蟹コースがあったのでもちろんそれを。
突き出しの煮浸しから美味しい。清澄だけどアテになる。こはだと千枚漬けのアンドウィッチ、山葵が凄く合う。茶碗蒸しは海苔たっぷりだし、辛子蓮根は揚げたてをカラシにつけるスタイルでどれも一工夫あって美味い。牡蠣の香煎揚げも素晴らしい。蟹は言うまでもないけど、最後の蟹ご飯がこの店らしい。いくらと大根おろしの乗ったご飯にミニサイズの香箱ガニをぶっかけて食べる。絶品。
決して狭いわけではないお店なのにご主人一人で料理する。テキパキ忙しそうなんだけど、手際よくやってこれだけのものが出てくる。もちろんじっくり丁寧にやる店の良さもあるんだけど、コスパも含め僕にとっては普段使いの最高峰。もう一回くらい蟹食べにいこう。

Keywords: