2018.08.27

やきとり児玉

IMG_1588

IMG_1590

IMG_1589

IMG_1591

IMG_1593

IMG_1604

IMG_1596

IMG_1600

IMG_1595

IMG_1601

IMG_1597

IMG_1599

IMG_1603

IMG_1605

 

最近気軽に行ける良い焼き鳥屋がないね、とはよく聞かれる会話。
「鳥しき」にしてもあんな騒ぎだし、ちょっと評判になると一気に敷居が高くなる。焼き鳥に数ヶ月待ちとか予約困難とか、なんかイメージに合致しない。ちょっと野趣溢れる焼いた肉。一本ずつ串に刺してるから食べやすくて、いろいろ楽しめる。こういう食事は食べたくなった時に行きたいもの。まあ、美味しいものに人が押し寄せるのはしょうがないご時世か、、。
で、武蔵小山の〆ののラーメンで有名な「まさ吉」。ビブグルマンに載ったそうでこちらももう尋常じゃない人気ぶりらしい。
三宿の「やきとり児玉」はその「まさ吉」の新店。
すんなり金曜日の予約が取れ、行ってみると客は我々一組のみ(のちにもう二組入ってきたけど)。20時半以降はアラカルトOKながら、最初ならコースがオススメです、とのことで従う。
酒肴が出てきたりなんかちょっと恵比寿「希鳥」にも似た進行。そういえば「希鳥」も〆のラーメンは絶品なんだった。
特筆すべきはその火入れ。焼き場と客席の間になにも仕切りがないのが不思議だったけど、なるほど火力は弱めでじっくり焼くスタイルなんだ。なので、焼き鳥の合間合間に工夫を凝らした一品が出て来る。お新香に使われているキュウリの種類を見ればどれだけ素材に気を配ってるかわかろうというもの。野菜焼きはコースでも2品選べる。アボカド焼きって珍しいのでもちろんそれ。あとは大阪の「和洋酒菜 ひで」さんのところで知ったアピオスなる芋のような豆を。
いやぁ、美味しい。僕は表面に焦げがあるくらいの強い火入れの焼き鳥が好きだけど、これはこれで素晴らしい。
〆のラーメン。あれ?こんなに美味しかったかな?店を出る時ご主人にそう尋ねると、あちらの店とは仕込み方がそもそも違うらしい。
いや、最高のお店。あとはこの調子でずっと空いてると良いんだけど(笑)。

Keywords: