2018.08.26

AMETORA

IMG_4628-e1535261650238

友人にすすめられて、なんとなく読み始めた「AMETORA」
日本に根付いているアメリカントラディショナルを、アメリカ人が分析した。なんとなくそんな認識で、昨年、日本語訳が出たときは、慌てて読むほどではないと思って今のタイミングになりましたが、あなどっていました。

かなり面白かったです。

作者のデーヴィッド・マークスはハーバード大卒で、後に慶應義塾大学院を卒業している超エリート。
超エリートに、日本のファッションねぇ・・。とか思ったりしたのも、読むのが遅れた理由(僕は学がないもんで。笑)

始まりは、VANに代表されるIVYから、東京オリンピックの日本代表のユニフォームになったストーリーや、「メンズクラブ」「平凡パンチ」などに代表されるメンズファッション誌の創世記。

ここらへんは、いろんな文献で読んだ話なので、フムフムって感じ。

中盤に差し掛かると80年代のピンクドラゴンの原宿ゴールドラッシュの時代に。
ファッションだけでなく、音、リーゼント、バー。男くさい要素をかなり細かく分析し、中学生の頃の自分の記憶も蘇ってきてワクワクしてきた。

そのあと、、
セレクトショップの誕生
DCブランドブーム

それから、
ティーンエイジのヒロシさんの話を皮切りに裏原宿を丁寧に書き綴られていて、読むスピードが一気に加速。

日本が生み出したヴィンテージ文化
レプリカジーンズ
アメトラの輸出
と続く。

読み終えて感じたのは、こんなに文化的な背景も大切にしたメンズファッション史は貴重だということ。
DCブーム、イタリアデザイナーズ、MODS、フレンチブランド、クラシコイタリアetc、色んなファッションがブームにはなるんだけど、振り戻しとして、その後には、アメリカのトラディショナルが存在しているという事実がある。

日本人より日本のことに興味を持っていると評されている作者に、改めて教えてもらえた。
そんな感覚ですね。

ファッションに限らず、日本が面白いし、もっと日本を知らなきゃな。なんて思いました。

 

 

Keywords: