2018.04.06

酒と肴 升

IMG_9866

 

店は人が作る。そこに来る客が作るし、なにより店のスタッフが作る。
ある日東京屈指の銘酒居酒屋「赤鬼」を訪れると、なにやら空気が違う。いつもお世話になっていた店長が辞められたとのこと。早速今何をやっておられるか聞き、そのお店を訪ねた。
世田谷は経堂で10年以上日本酒好きを満足させて来た「早雲」が階下に新店を出した。「酒と肴 升」。
お通しのしつらえ、工夫を凝らしたメニューを見ればこの店が如何に信頼できるかがわかる。
僕はイワシの塩焼きが好きだ。以前緑ヶ丘にあった頃の「幹東」も大振りのイワシを焼いてくれたものだ。こういう下魚にこそ力を尽くす、その姿勢はすべての皿に行き渡る。
煮物の出汁は出色。〆も日本酒も良し。いい意味でちょうど良い居酒屋。そして新たな名店である。

Keywords: