2017.12.14

ふぐ 牧野

IMG_20171211_192905

IMG_20171211_193428

IMG_20171211_193457

IMG_20171211_193512

IMG_20171211_193651

IMG_20171211_200850

IMG_20171211_202055

IMG_20171211_211144

IMG_20171211_212623

hfさんが「皿の上の宝物」に書かれていて気になっていた蟹大根鍋。
ふぐ屋なのに蟹?そして具はなぜ大根?ずっと気になっていけどようやく行けました。
メニューに3種類のビール。これを見るだけでこの店の素性の確かさが分かろうと言うもの。
まずは煮凝りで乾杯。
ふぐ刺しは下関スタイル。これ、この感じ。水分が抜けて旨味を存分に感じさせる仕様。
唐揚げも日本三大ふぐ唐揚げ(梶原調べ)に堂々ランクイン。甘めのちょっと俗っぽい衣が最高。中のふぐの身の旨味は清澄だがそれに負けていない。
断腸の思いで焼きふぐを諦め、いよいよメインの蟹大根鍋。
目の前のコンロに乗せられるが、まだ我慢。蟹の身に火が通って来た塩梅を見計らってGOサインがでる。
出汁をすすり、大根を口に運び、蟹の身をほじくっているとカウンターの内側にいるご主人から「蟹は最初にほぐしておいてから汁をいれるんだよ」。
なるほど!早速実行。大根と蟹をスキンマーで取ってとんすいに入れ、蟹の身を殻から取り出し大根の上にまぶし、おもむろに汁を入れる。この鍋を構成する全ての旨味が一気に攻めてくる。
そして最初は味噌とバター味の鍋だったのに、どんどん蟹味噌が溶けて来て味が変わってくる。最終的には大根にも旨味が存分に移り、美味しいが何を食べているのかわからない状態になる。至福。
締めはラーメンとおじやがある。おじやにはいくらをON。全てが足し算。これを下品と言うなら我は喜んで粗にでも野や卑にでもなろう。
ふぐも蟹も一年中やってるそう。さすがにこの季節なかなか予約は取りづらいようだが、少人数であればまだ空きはあるようだ。この冬の間に絶対もう一回行こう。そして次はふぐちりで。

 

 

 

Keywords: