2016.08.01

PAYDAY

最近、久しぶりにカバーオールが着たいな。って思っています。

lee 91-Jやマイナーなストアブランドのモノを幾つか持っていますが、以前からトライして購入には至らなかったのが「PAYDAY」のカバーオール。

PAYDAYとは、アメリカのデパートメントストア「J.C. PENNEY CO.」のワークウェアレーベルで、ライトオンスデニムを使用したアイテムがほとんどです。

そんなアイテムの中で、カバーオールがヴィンテージブームから人気があって、40年代には、ほぼデザインが完成され、それ以降はマイナーチェンジが施されている。特徴は、他のメーカーでは見られないラグランスリーブです。

40年代の中でも第二次大戦中のモデルは、ワークアイテムの縫製の基本である3本針ステッチが2本針ステッチに規制されている。

1本の糸にも、物資の規制がかかる時代のアイテムだと思うと現代がどれほど恵まれているか・・・。(ボタンの数など、他のディテールも細かく規制されている箇所があります)

 

そんな時代背景が詰まっていて、アイテムとしては素晴らしいのですが、どうしてもラグランスリーブが自分には似合わないので敬遠してました。

再トライしてみよっ!

 

Keywords:
Men's