2015.11.22

Mohair according to the generation

特別好きという訳ではないんだけど、着たくなる周期が必ずあるのがモヘアニット。

その時代にモヘアを着こなしているアイコン的存在がいて、ジェネレーション別に少なからず影響を受けている。

僕が共通して感じることは、オトコっぽいんだけどちょっとフェミニンというか優しげ。

 

1976 Johnny Rotten(Today Show)

 

1984  Richard Edsonが演じるEddie  (Stranger than Paradise )

1993 Kurt Cobain(MTV Unplugged in New York)

モヘアを着こなし人を見かけると、何となくこの3分類の一つに見えてしまうんですよね。

僕は世代的に高校時代「Stranger than Paradise」を見てすっかりアーガイルのモヘアが大好物になりました。人物としてはジョン・ルーリーが極めて格好良いんだけど、Eddieが着るモノクロームの画面に毛羽立ってぼやけて見えるアーガイルが何とも言えず衝撃的でした。

意識している訳じゃないですけど愛用しているヴィンテージモヘアはこちらです(笑)、アーガイルじゃなくてダイヤ柄なんですけどね。

60’S  Mohair Cardigan

余談ですが、今月音楽関係のオークションサイトに上記のKurt Cobainの愛用していたモヘアが出品されて話題になっていましたね。