2016.03.10

さよなら、FUJIFILM FP-100C

FUJIFILMのインスタントカメラ/フィルムと言えば…
真っ先に思い浮かぶのは「チェキ」だと思いますが、チェキ以外にも古いPOLAROIDカメラで使えるピールアパートタイプ(剥離方式)のフィルムが、つい最近まで製造・販売されていたのはご存じですか?

俗に言うPOLAROIDフィルム(※)やチェキなんかより数倍めんどくさいですが、ぼくはピールアパートフィルム(特にモノクロフィルム)が大好きでした。今でも8種類ぐらいのインスタントフィルムが冷蔵庫の下2段を陣取っているぐらいですw

※知ってる方も多いと思いますが、「600-Type」フィルムと「SX-70」フィルは、IMPOSSIBLEが復活に成功し、今でも購入が可能です。

「8.5×10.8cmサイズ」最後のインスタントフィルム「FP-100C」の生産終了が決まってしまったのは残念ですが(ある意味、ここまでがんばってくれたことに感謝です!)、IMPOSSIBLEが商品化してくれることを願いつつ、冷蔵庫のもう1段をフィルムのために使う覚悟で「FP-100C」フィルムを大人買いしてしまいました!

ちなみに、出荷終了時期は2016年春頃だそうです。

上の写真は POLAROID 180 ✕ FUJIFILM FP-3000B で撮影。

POLAROID 180 のレンズは日本製(Tominon 114mm f4.5)です。

Keywords:
Photography
Tools